プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
<プロ野球>

 広島 1-6 巨人

●最終回までいい試合してたのに、広島のリーサルウエポン「永川」の背信投球が炸裂して一挙5点取られて惨敗。最近のマイブームで「●●から猛虎魂を感じるで!!」という台詞をよく吐いているのですが、永川からは「オリックス魂」「ロッテ魂」を感じます。

※「猛虎魂を感じる」

 阪神ファン(?)がシーズンオフ時、他球団から阪神に移籍してほしい選手に対して使う言葉。
「○○から猛虎魂を感じる」という風に使う。2006年シーズン後ごろから使われ始めた。


<J2>

 広島 1-2 山形

●勝てる試合をわざわざ落としてJ2リーグを盛りあげようとする魂胆でもあるのでしょうか?試合後の監督の「内容では勝っていたが、サッカーではこういうことはよくある」という台詞、ファンを煽っているとしか思えません。ペトロビッチ監督からは「ガイナーレ鳥取魂を感じるで!!!」



 とまあ、頼り無い広島スポーツはおいといて、土曜日にあった会社のサッカーの試合について。

 大雨の中の試合でしたが、3-3の引き分け。普通3点も取って貰ったら勝たなきゃいけないわけですが、情け無い結果になってしまいました。

●1点目
 左からクロスが上がり、普通に処理できると思ってワンバウンド後にキャッチしようと思ったら、バウンドした時に雨でボールが芝上を滑っていき、逆サイドに走りこんでいたFWに決められました。晴れていたらこの失点はなかったはずですが、雨を考慮しなかった自分の判断ミスでした。

●2点目
 相手の縦パスをオフサイドと判断したが審判に取ってもらえず1対2の状況になり、DFが振りきられた後にシュートを決められました。一番悔しかった場面で、ローリングダウンで弾きだそうとしたら手がわずかに届きませんでした。自分では「もらった!!」と思ったのですが・・・。もう少し前に出ていれば防げたかもしれません。一番の見せどころだったのに・・・・

●3点目
 よく覚えてませんが、DFラインの裏に抜けられ1対1になり、かわされてシュートを決められました。これも2点目と同じように、もっと早く前に飛び出していれば相手のシュートミスを誘えたかもしれません。それか腹を括って前に出ず、最後まで相手を見極めていれば・・・・。無念。


 雨の中だったとはいえかなりグダグダの出来で、クリアミスするわパスミスしそうになるわ空振りするわ(笑)、散々な出来でした。
 次節は勝利に貢献できるよう頑張りたいです。



  

 



スポンサーサイト
2008/06/30(月) 19:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
無事引っ越しが終わりました。
少ないはずの荷物の数が阿呆みたい増えて困り果ててしまいました。
今回はマイワイフのお陰で無事済んだようなもんで、昨日はサッカーの試合に参加してる場合じゃなかったかも…と申し訳なかったです。

明日からは今までより一時間早起きして車通勤になります。慣れるまで時間かかりそう…



2008/06/29(日) 22:04 | コメント:2 | トラックバック:0 |
 今日は会社を休んで引っ越しの準備をしています。

 明日は午前中:講習会、午後:サッカーの試合ということで、奥さん1人に片づけをさせてしまうので自分の分は今日やってしまおうという魂胆です。

 午前中に役所に行って諸々の手続き、午後はパソコンで音楽流しながら洗濯物とかトイレ・風呂掃除とかやってます。

 まあこんな感じですので、今週末にK先輩から打倒読売の参戦要請があったのですが、無念のリタイアをせざるを得ませんでした。申し訳ないッス<(_ _)>

 7月になれば週末も色々おでかけできるかなー。いや、その前に資格の勉強をせねば・・・orz


2008/06/27(金) 16:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 月末の引っ越しに向けて荷物の片づけの真っ最中です。
 今の家は期間限定で住む予定だったので可能な限り荷物を少なくしてましたが、それでもいつのまにか荷物が増えてるのは世の常です・・・。
 それでも片づけ名人のマイワイフのおかげでかなり片づけが済みました。
 29日に荷物を運び出す予定で、この家ともあと1週間でお別れです。
 今住んでいる地区は、何というか、E波地区と並んで「広島のスラム街」と言ってもおかしくないような地区で、別に強盗に遭ったりするわけではありませんが、アレな匂いのするファンキーが地区です。至るところでDQN必須アイテムの「キティサンダル」を見かけますし(笑)、B級スーパーに横付けされている「ベンツ」「セルシオ」を見ると、「あー、ここにふさわしいなあ・・・。この車、まさか給食費滞納してるのに買ったとかじゃないよなあ・・・」などと思ったりしてました。
 まあ、1年も住んでるとそれなりに愛着も湧いてきて、そこはかとなく寂しさを感じたりもします。
 
 さて、サンフレッチェ広島はアウェーの水戸ホーリーホック戦を2-1で無事勝ちました。試合終了10前からはいつもどおりのドタバタぶりを発揮して失点したのが腹立ちますが、とりあえず最低限の仕事をしてくれたのでOKです。この試合でキデラー総統ことGKの木寺が負傷退場してしまい、今度が非常に心配です。あれだけ木寺のことを罵倒してたのに、今では一番気になる選手になってしまった木寺。何とか早期復帰を願うばかりです。

 話は変わり、水戸ホーリーホックのホームスタジアムといえば笠松運動公園陸上競技場。ホーリーホックのニワカサポーターをしていたTくば時代は、サンフレッチェの関東遠征が無い時にはしょっちゅう通っていた思い出のスタジアムです。
 その時は「もうここにサンフレッチェが来ることはないよなあ・・・」と思っていましたが、まさか2年後にそこで試合をするハメになろうとは!!あ~、Tくばにいたら絶対行ってたのにぃ!!と地団駄を踏む思いです。

 
080621-1

笠松にて(確か柏レイソル戦だったはず)。ちゃかり水戸のレプリカも来てニワカやってます。

 死ぬまでにもう一回行ってみたい自分の中の「聖地」です(笑)。
2008/06/23(月) 00:03 | コメント:2 | トラックバック:0 |
 昨夜はサッカースクールがありました。
 
 ものすごい蒸し暑さで、アップの段階で汗だくになり、周りの人たちに笑われてしまいました。

 そのせいかどうかわからないけど、昨日は体力的に厳しくて途中で頭が痛くなりました。まあ多分太りすぎが一番の原因なんでしょうけど・・・。

 ただ厳しいコンディションだったのは自分だけじゃなかったらしく、負傷者続出。ふくらはぎを肉離れになった人もいました。今後が非常に心配です。

 さて、これまでビギナーコースということで水曜日に通っていましたが、7月からは土曜日のステップアップコースに通うことにしました。部活もやってなかった自分は当然ビギナーの部類だし、一緒に練習してる人たちもいい人たちばかりで非常に楽しいのですが、もっとオフェンスのことやディフェンスのことを詳しく学びたくなったので環境を変えることにしました。
 Tくばで毎日サッカーやってたときはそれなりにスキルが上がりましたが、最近その劣化が激しすぎるので、それを克服する意味もあります。

 まあ基本的な曜日は変わりますが、色々予定が入ってしまうのが土曜日なので、そんな時は振り替えで馴染みの水曜日に行こうと思っています。

 
 Yahoo動画のサッカークリニック、結構面白いですよ!!




2008/06/19(木) 19:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 鳥取の現場から無事戻ってきました。

 水曜から中国地方もやっと梅雨入りしたとのことでしたが、そんな雰囲気は微塵も感じさせないほど、猛烈な晴天でした。特に金曜日は日陰から出ることができないぐらい暑くて、一緒に仕事してた人と「こりゃ何もしたくないですねぇ・・・」と話してました。朝の8時から夕方の4時まで立ちっぱなし。おかげで日焼け止めを塗ってたのに顔が真っ赤になりました。来月もこの仕事があるのでいったいどういう暑さになるのかビビりまくってます。

 ただ鳥の鳴き声がすごいにぎやかで、「お、アレがいた」「アレがあっちに飛んでいった」と退屈にはならないのがいいところです。自分のおすすめは、イカルとサンコウチョウ(三光鳥)という鳥の鳴き声。とても綺麗で、特にサンコウチョウは特徴的です。ちなみにサンコウチョウはジュビロ磐田のチームエンブレムの元ネタになっています。

 イカルの鳴き声

 サンコウチョウの鳴き声


 毎日デスクワークやパソコンとにらめっこしてると、こーゆー仕事がいい息抜きになったりします。そーゆー意味ではいい仕事させてもらってるなあー、と思ったりもしてます^^



 あ、そうだ。お知らせがございます。


続きを読む »
2008/06/15(日) 00:26 | コメント:4 | トラックバック:0 |
 今日から鳥取に出張です。ようやく中国地方も梅雨入りしたみたいで雨が心配ですが、ちょうど明日明後日の鳥取は梅雨前線の魔の手から逃れている様子です。

 さて、前回の記事でアキバの通り魔事件については書くのをやめておく、としてましたが、どうしても2点ほど書きたくなりました。


●両親について
<秋葉原通り魔>「本当に申し訳ありません」 容疑者両親、謝罪 母は崩れ落ちる(yahoo)

 静岡在住の容疑者の犯行に対して、青森在住の両親が謝罪の会見を開きました。加害者の親兄弟が被害者の方々に対して謝罪や賠償をするのは当然ですが、そうはいっても加害者は25歳の成人。マスコミたちに対して成人の親がわざわざ謝罪会見をする必要があるのでしょうか??しかもさっきも書きましたが同居しているのではなく遠く離れて暮らしている、いわば独立している状態です。「何か犯行に及ぶサインはなかったのか?」「止めることはできなかったのか?」とかマスコミどもがいってましたが、

 できるわけねーだろ

 いくら息子とはいえ、近所ならまだしも何百キロと離れている人間が発しているサインなんかわかるわけねーだろって、JK。おバカすぎます。
 どーせこの会見だって「親として責任をとれ!」とか言ってマスコミが押し掛けた末のものだと思われます。それに対してだれよりもつらい思いをしているご両親は誠実な対応をされたと思います。「捜査の関係でここでは言えない」というのも誤魔化しではなく本当でしょう。
 海外では成人の子供が犯した犯罪の謝罪会見を親がするということは考えられないそうです。その辺日本は親子関係が非常に曖昧なんでしょう。もうすぐ父親となる身としては、今回の事件は本当に色々考えさせられました。

 それにしても、両親にこういう思いをさせる容疑者・・・。そういう意味でも許せません。


●犯人像について
【秋葉原通り魔】 「アニメなど2次元世界にしか興味がない」 加藤容疑者の素顔 …カラオケではアニソン、部屋には同人誌(痛いニュース)

 そして加藤容疑者は、カラオケでアニメソングばかりで、「アニメなど2次元世界にしか興味がない」と公言していたという。


 こーゆー犯罪を犯す人間にヲタクを仕立てあげたくて、仕方ないようですね、マスゴミどもは(笑)
 たしかに容疑者はそういう趣味や傾向にあったのかもしれませんが、それと犯罪を犯すことの間には全くなにも因果関係がありません。犯罪を犯す人間は犯すし、犯さない人間は犯さない。それはヲタクでも無職でも会社員でも学生でも公務員でも医者でも芸能人でも同じです。こういうマスコミの印象操作は、注意してないと非常に恐ろしいです。

 みなさん、そんなにヲタクが嫌いですかね??自分は別に好きでも混じりたいとも思いませんが、彼らは彼らで色々ネタや文化を提供してくれますし、益でも害でもないので「自分とは違うけど認めている」という感じです。
 まあ今後はさらにヲタクやアキバ系というものに対して逆風が強くなるでしょう。


2008/06/11(水) 12:45 | コメント:2 | トラックバック:0 |
 いやー、この週末は色々とネタがてんこ盛りでした。

 涙、涙!日本男子4大会ぶり五輪決めた!(スポニチ)

 これが個人的には一番嬉しいかな~。高校と大学でバレーやってまして、高校生の時にちょうどバルセロナ五輪が開催され、熱中して試合を見てました。あの頃は代表の試合をよく広島でもやっていたので、よく見に行ってましたし、高校のすぐ近くでJTサンダースが練習をやってたので見学したりしてました。その後、バレーとジャニタレが合体してしまったのでバレー代表に興味がなくなってしまいました。
 あの時にいた荻野がまだ現役でやってるんだから、バレーという競技で考えたらすごい!の一言です。植田監督もまだ現役でやってたし、その時のメンバーだった中垣内、青山、南、泉川、松田、大竹、栗生沢とか今頃何やってるんだろうなあ・・・。あ、中垣内は解説やってたし、栗生沢はJTで臨時の監督やってたか。それにしても・・・

監督がうつ伏せになってコートに寝っ転がって喜ぶって、何よ!?(笑)

 行き倒れになったのかと思いました。


 岡田監督「ボケッ」大久保愚行でドロー

 “愚の骨頂”がFW大久保のプレーだった。1―1の後半29分、FW玉田の左クロスに飛び込んだが、ボールには触れずに相手GKと交錯。その直後に右足でGKを蹴ってしまった。全く言い訳のできない乱暴な行為はレッドカード。大久保は「頭が真っ白になった」と悔やんだ。Jリーグでは03、04年と最多警告を受けていた悪童は、昨年8月に日本代表に復帰してからはラフプレーが減っていたが、大事な場面で“悪い癖”が出てしまった。

 後半になって気温が下がり、日本はボールが回るようになっていた。その矢先の退場劇。岡田監督は「退場したことで交代の手が打てなかった」と采配に狂いが生じたことを明かした。問題のシーンはベンチから見えなかったため、大久保に真意を問いただしたところ「蹴ってしまいました」と言われ、たまらず「ボケッ」としっ責した。
(スポニチ)

 まあ、ただのバカですね。何度同じ失敗を繰り返せばいいんでしょうか??
 カルシウムを人の100倍摂取させるとか、野菜ばっかり食わせるとか、いっそ去勢してもいいんじゃないでしょうか??今回の退場劇に原因はキ●タマを蹴られたことらしいし・・・(笑)


 広島5連勝今季初5得点(nikkan)

 久々のお祭りの試合になりましたね。そういえば広島では先週末「とおかさん」と呼ばれる初夏のお祭りがありましたが、その影響かも!?
 それはさておき、5点目の久保のゴールが圧巻でした。

 
 久保のゴール


 久々の「久保」らしいゴールでした。

 【J2:第18節 広島 vs 湘南】レポート:大量5得点。美しいゴールラッシュで大勝した広島。湘南は、最後の2得点に希望を見る。(J's GOAL )

 ↑に色々詳しく書いてありますが、

 そして76分。万雷の拍手の中で登場した久保竜彦が、驚愕のゴールを見せつけた。森崎浩司のパスをやや厳しい角度でもらった久保は、ダイレクトで左足を振り切った。アウトサイドに乗せたボールは猛烈なスピードでゴールを襲い、陳腐な表現で言うならば「あり得ない」ほどの曲がり方で、サイドネットに突き刺さった。身体全体をひねり、全身のパワーを左足に集中させて放ったシュートは、広島のサポーターが待ち望んだ「久保スペシャル」。ビッグアーチの大歓声はボリュームが最大限となり、ゴールの余韻によるざわめきはしばらく収まらなかった。
 
 サンフレッチェの番記者が書いた記事なのでサンフレッチェ万歳な内容は当たり前なのですが、ここまでくるとポエムを読んでるような気になってきます。相当久保がゴールを決めたことが嬉しかったんでしょうねぇ。自分も当然嬉しいですけど!!

 あと、アキバの通り魔事件についても書こうかと思いましたが、やめておきます。
 というか茨城県民だった頃は、TくばからTくばエクスプレスに乗って秋葉原まで出て、あの辺りをウロウロしてたよなぁ・・・。もしあの場にいたら・・・と思うとちょっと怖いです。






  

 


 
2008/06/09(月) 12:35 | コメント:2 | トラックバック:0 |
自転車は歩道走るな! で事故は減るか(J-CAST)

 6月になって色々制度が変わったりしてますが、個人的にはコレが一番大変だなあと思っています。自転車で歩道を走っただけで取締りの対象になるなんて・・・。路肩が狭くバンバン車が通るようなところでも車道を走らなきゃいけないんでしょうか???一度トラックに煽られて転けそうになったのを必死で耐えた挙げ句、怒りの余りトラックを追っかけたが軽くぶっちぎられた経験があります。目先の減少だけを取り上げて規制の対象にするのはこの国の常ですが、車道での自転車の犠牲が出ないことを祈るばかりです。

 さて、日曜日にサッカーの試合に参加しました。
 いつもの会社のサッカーではなく、サッカースクールの皆さんで申しこんだミニサッカー大会です。
 非常に天気が良かったため、露出していた顔と腕は丸焼け状態で2日経った今でもヒリヒリして痛いです><
 ハーフコート8人制の20分1本勝負、これを4チーム総当たりでやりました。最初の試合はGKで出場し、あとの2試合はDFとして出場しました。おっさんの大会ということで選手の入れ替えが自由というのが救いでしたが、どうみてもおっさんじゃない人もたくさんいて、「そりゃないよセニョ~ル」と嘆きたくなりました。うちは自分がほぼ最年少というリアルおっさんチームだったのに・・・。
 リアルおっさんチーム&ビギナー集団ということで、攻められる展開が多く、3試合やって得点0という、散々な結果となりました。その一方で失点は1(しかも自分がGKやってる試合)で1敗2分という、なかなか玄人好みの結果でもありました。

 結果は伴いませんでしたが、ビギナーチームということを忘れさせるような運動量で対抗し、特に3試合目はあともう少しでゲットゴールできそうなところまでいきました。「技術のある者は技術を磨け!技術のない者は走れ!!」と昔言われたことがありましたが、まさにこの格言を地でいくようなプレーぶりで、助っ人で連れていった同僚KAJ氏は「みんなすげー動くね~」と感心してました。

 自分の出来としては、GKで1点入れられましたが我ながら「今のすごくねぇ!?」というようなプレーもあり、自己満足に浸ることはできました(笑)。DFとしては経験不足を露呈しまくりで、特に誰をマークするのか、という点がダメダメでした。個人的にサッカーのプレーで一番重要なのは「予測」だと思っています。「次はこういうボールが来るな」「相手はここに来るはず」といった感じで、次の状況を予測できる選手が優れた選手だと思うし、上手下手の一番の差はここだと思います。GKではある程度の予測ができても、DFとしては予測ができないことが多く(バテて頭に血がいってないのが一番かも・・・)、後手後手に回ることが多くなりました。ただ、DFの予測を補うのがGKのコーチングだということを痛感したのはGKとして収穫かな、と無理矢理前向きに考えようと思います(笑)

2008/06/03(火) 18:30 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。