プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
071006-1

071006-2

071006-3




 行ってきました。佐々岡の引退試合。
 前田の2000本安打と比較してひっそりとした感じの佐々岡引退ですが、いざ試合が始まってみるとほぼ満員御礼状態。前田の時とほとんど変わりませんでした。
 この日は久々のライトスタンド&野球観戦仲間での観戦でした。バックネット裏でのんびり見るのもいいけど、やっぱりカープの醍醐味はライトスタンですね~~。
 試合展開はまさにカープのための試合そのもの。8回終了時には10-0でカープが大量リードしていました。酒も大量に入ってゴキゲンそのもの。途中前田がデッドボールを喰らった時はぶつけた横浜投手の吉見に「われぇ!!死んで侘びろ!!」と広島ならではの野次を飛ばしました。一緒に行っていたM主任も「指詰めろ!」と野次ると前で応援していたファンから「いや、指詰めはもう古いから」と突っ込まれてたのが印象的でした。
 そして9回2アウトからいよいよ佐々岡登場。実はこのワンサイドゲームは「ひょっとしていくら点を取られても、佐々岡が出てきたところで逆転するつもりでいるんじゃないのか?」と疑問に思っていたのです。佐々岡はストッパー時代は「佐々岡劇場」と呼ばれるほどのハラハラとするストッパーぶりで有名でした(つまりいつもピンチを招く)。なので多分すんなり終わらんだろうなあ・・・と思ってたら、案の定横浜の村田に超特大ホームランを浴びました・・・。あまりのベタな展開に一堂大爆笑です。まあその後の鈴木を三振に取り無事ゲームセット。いくら佐々岡劇場でも10点差を逆転されることはありませんでした。
 引退セレモニーでの佐々岡のコメントはどことなく卒業式を思わせるものがありました。なんだかんだで史上2人目の「先発100勝100セーブ」という使い勝手の良さを証明した記録の持ち主ですし、90年代のカープを代表する選手でした。いつの日かカープのためにまた広島に戻ってきてもらいたいものです。


スポンサーサイト
2007/10/09(火) 08:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。