プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 駒野が磐田に移籍 球団、慰留を断念(中国新聞)

 サンフレッチェで最も有名な選手(?)である日本代表MF駒野の移籍がついに決まったようです。駒野はお気に入りの選手の一人で、よく話題になるのは「左右両サイドのどっちでもプレイできる」「両足で正確なクロスができる」という点ですが、自分はあのロベカルを彷彿させるような弾丸シュートがすごく好きでした。FKといえば中村俊輔や遠藤のようなカーブをかけるシュートがまず頭に浮かびますが、駒野の地を這う弾丸FKは迫力満点でした。まさにキャプテン翼の松山(ふらの中学)が放つイーグルショットのイメージそのものです。
 広島ユース上がりの生え抜きが日本代表まで上り詰めたことは嬉しいですし、そのような中心選手が広島から出て行くことは悲しいですが、去る者は仕方ない。「配られたカードで勝負するしかない」のです。カープの新井の移籍は非常に腹が立ちましたが、駒野やカープの黒田の場合は素直に送り出してやりたい気持ちです。
 さて、ここからが本番。駒野は移籍金として3億近いお金を広島に残してくれることになりました。このお金をどう有効に使うか。まずは一人で突破できるような優れた外国人FWの獲得が最優先です。守備的な戦術をとるチームが多いJ2において1年でJ1昇格しようと思ったら、エメルソン(元札幌、元浦和)、ジュニーニョ(川崎)のような一人で点を取ってきてくれる選手が絶対に必要です。前回広島がJ2に降格した時は何とか1年で復帰できましたが、この点が最後まで解決できずに相当苦しみました。あとは屈強なDFの獲得。広島のストロングポイントである中盤を省略してロングボール主体の戦術をとってくるチームが多いはずなので、放り込みを弾き返せる長身で当たりに強いDFの存在が重要になってきます。
 そして一番重要なのは、駒野の後釜に誰が入るかです。確かに駒野の移籍は戦力ダウンですが、今まで控えだった選手にとっては絶好のチャンスです。駒野が残留したっていつまでも年を取らないわけじゃないんだから、遅かれ早かれ駒野の後釜が出てこなくてはいけないことには変わりありません。

 駒野は駒野で大金はたいて獲得してくれた磐田に報いなければいけませんし、重圧も相当なものだと思います。日本代表の試合も多くありますし、彼にとっても大変なシーズンになるでしょう。駒野、広島に残された選手たち、それぞれのシーズンはもう始まっています。




スポンサーサイト
2008/01/13(日) 15:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。