プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
070607-7

070607-8

 

 2日目は、酒が少々残ってフラフラのまま会場のT大へ向かいました。
 T大へは去年に行ったことがあったので難なく行けましたが、あれからちょうど1年後・・・まさか自分が発表の場に立つことになろうとは、0.00001ミリも予想できませんでした。
 発表は午後だったので、午前中のプログラムはほとんど無視してひたすらイメトレ。昼飯もほとんど喉を通りませんでした。しかし、研究室で一緒だった人が例の「こわれせん」を持ってきてくれて、それを食べていると何となく気持ちが落ち着いてきました。

 いよいよ発表の時間がやって来て、ガクガクブルブルしながら控えの席へ移動。2番目に発表だったので1番目の人の発表を見ていたのですが、ほとんど頭に入らず、ずっと深呼吸を繰り返してました。発表時間は20分で質疑応答が10分。これは通常の発表に比べたらとても長い時間です。直前の30分は生きた心地がしませんでした。
 そして、ついに自分の番がやってきました。ガクガク震える足で壇上に立ち、聴衆を見回して発表開始。とにかく「早口でしゃべらないこと」「時々聴衆を見回して反応を見ること」「声を大きくすること」を心がけてしゃべりました。初めは手も足も震えてましたが、そのうち落ち着き始めてきて、聴衆の反応を見る余裕も出てきました。一度スライドを間違って早送りしてしまったのですが、慌てることなく元のスライドに戻すことができて、自分で「腹括ったら結構落ち着くもんだな」と自分に感心してました。

 そんなこんなで発表終了。自分としては練習も含めて一番いい出来だったと思います。その後の質疑応答は、相変わらず相手の言ってることが理解できずトンチンカンな返答をしてしまいました。まあ、これはもう自分の知識が足りないということで仕方ない部分ですし、後から聞いた話では、他の人も質問の内容がよくわからなかったそうなので、一概に自分がバカなせいでもなさそうでした。
 壇上から降りて控えの席に戻った時にこみ上げてきた解放感は、おそらく一生忘れることができないかもしれません。それほど腹の底が抜けたような感覚になりました。色々あったけど、チャレンジしてよかったと思いました。

 夜は研究室の仲間やK先輩を交えてアキバで飲み。相当はじけて、本当に久しぶりに心の底から楽しみながら酒が飲めました。Tくばに帰還組がいたため、やや早めに宴会は終了して、自分はアキバの隣駅の浅草橋まで行き、ちょっと寄り道して宿に戻りました。

スポンサーサイト
2007/06/10(日) 23:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。