プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
ついにやってきた出勤最終日。
 

夕方コソコソと挨拶回りを済ませてきました。


 今日はやはり忙しい日だったみたいで、誰もいない(笑)


 20分ぐらいで終わってしまいました。


 下手に感傷に浸ることもなく終えられたので、逆に良かったかも。



 というわけで、ただいま最後の片付け中です。

 
 イヤなことも楽しいこともあった12年間でありました。



 さて、今日はこの12年間で思い出に残った仕事というのを振り返ってみたいと思います。




<第1回 思い出の現場作業>(以下、時系列順)


1.トンネル点検@大洲(愛媛県)
 夜の8時から朝の5時までトンネル内を片側通行にして、トンネル内の湧水だの亀裂だのを調べて記録する作業でした。
 
 夏のクソ暑い時と冬のクソ寒い時の各1週間ずつ2回やりました。

 夜中ならではのハイテンションで仕事を終わらせ、その後は昼過ぎまで寝るというニートみたいな生活をしてました。夏の時の昼間はパチンコに精を出して堕落した生活を送っていましたが、冬の時は昼間は外をランニングして何とか体調を維持しておりました。

 後にも先にも、こんなイカれたスケジュールの仕事はコレだけでした。



2.ダムサイト監視@篠栗町(福岡県)
 建設中のダム周辺の山が崖崩れを起こさないよう監視するという作業でした。

 一緒に行った先輩と重い機材を担いでものすごい急斜面を上がったりしてました。

 これは、仕事に思い出というよりも、その時の元彼女が福岡に住んでいて、出張を絡めて会ったりしてたのが思い出という感じです。

 一度、飯塚で会社の先輩と元彼女と3人で酒を飲んだ時がありまして、3人ともベロベロに酔ってしまったため、ただの宴が狂気の宴になってしまいました。その時の彼女の狂いっぷりが凄まじく、しばらく「お前の彼女はキ●ガイだな」と言われ続けました(笑)
 

3.急傾斜地調査@倉吉(鳥取県)
 集落の近くにある急傾斜地の点検をしてまわるという作業でした。

 最初は先輩と2人でやっていたのですが、作業に慣れたら1人で回ることに。

 1人だと自由気まま、やりたい放題になってしまい、朝10時宿出発、昼は作業の合間に中古CD屋巡り時々ゲーセン、宿に帰ったら持ち込んでいたセガサターンで夜中まで遊ぶ、と我ながらメチャクチャでした。

 それでもキチンと調査を期日までに終わらせたので、もう時効でしょう(笑)

 これも作業以外が思い出の仕事です。
 


4.井戸調査@郷原(広島県) 
 自分が主担当として初めて任された仕事で、工事前に井戸の有無を調べてまわるというものでした。

 その頃は色々人間関係であったので、一人で出かけるこの仕事はいい気晴らしになってました。

 残業続きで睡眠時間が短かったため、現地に着くとまずは空き駐車場で仮眠して(笑)、それからあちこち井戸を調べてまわってました。 

 自分的名言「役所がやれって言うからやってるんですよ(注)」は、この仕事から生まれました。

 (注)地元の人に「どーしてそういうコトを調べて回ってるの?」と訊かれ、ぺーぺーだった自分は目的をあまり理解していなかったので「さあ~、自分もよくわからんのですが、まあ仕事なので」的な意味でのセリフだったのですが・・・。その地元の人は「じゃあ、調べてもらわなくていい!」と怒ってしまい、追い返されました(笑)
 


5.渓流調査@隠岐島(島根県)
 日本海の孤島・隠岐島に1ヶ月ぐらい籠もって、ひたすら渓流を調べてまわるという作業でした。

 いくつかある隠岐島の中でも特に寂れてる島担当だったため、宿の近くにコンビニはおろかスーパーすらなく、小さい個人商店があるぐらいで、その店も18時には閉まるという、若かった自分には気が狂いそうな環境でした。

 なので、夜は持ち込んだサッカーボールを使って、港の街頭の下でひたすらリフティングの練習をやっていました。

 そのおかげで、リフティングが少し上達しましたが(笑)


6.トンネルのためのボーリング調査@智頭(鳥取県)
 トンネルを掘るための事前調査としてボーリング調査をやったという仕事です。

 この仕事は、現場より客先に納品に行った時のことが思い出に残っています。

 納期に間に合いそうになく、自分が「やばいっすよ、客先に相談した方がいいっすよ」と上司に言うと、その上司は「だいじょうぶよ、あの客先なら許してくれるって」と呑気にしていました。

 が、いざ納期に遅れて納品に行ってみると、上司に向かって

 「どうして間に合わなかったか、ちょっとそこで言い訳してみてください」

 と、カンカンに怒っていました。

 そこで上司は「いや~、製本が間に合わなくて~~(笑)」をKYな回答をしてしまったためにあちらの怒りに燃料を投下。

 「どーせ、『あの担当なら許してくれる』と思ってたんでしょ!?」←大当たり!!

 「あなたたちと仕事するのは、これが最後ですね^^」
 


と、完全に怒らせてしまいました。

 そのやりとりを見ながら、笑いをこらえるのに必死でした。

 ちなみにその担当さんは、自分にはものすごいフレンドリーで、夜にカレー屋で会った時に声をかけてくれたこともありました。


7.防災工事@佐治(鳥取県) 
 地すべり防止のために、井戸を掘ってその中に地すべりの原因となる地下水が流れ込むようにする工事でした。

 自分が施工管理した唯一の土木工事でした。

 いつもの調査系の仕事と勝手が違うので全然意味がわからず、半分ヤケクソでやってました。

 現場は雪深いところで、とにかく寒い印象しか残ってません。


8.騒音調査@岡山(岡山県)
 幹線道路沿いの騒音を測定したり、計算で騒音の大きさを予測したりして、新しく設置する遮音壁の高さや範囲を決めるという作業でした。

 とにかく作業量が多く、初めて騒音の仕事をやることになった自分はワケもわからず現場管理したり、パソコンで騒音の計算やってたりしてて、毎日頭がクラクラする思いで作業をこなしていました。

 騒音調査は24時間スパンで行うのでホテルに泊まったりしてましたが、この頃から出張に行くとネットカフェに通うようになりました。


 地元とのトラブルも経験し、岡山にも詳しくなり、最後は充実した仕事となりました。クリスマスイブに徹夜して納品しましたとも、ええ(笑)



9.鳥類調査@豊川(愛知県)
 このエントリーでも書いてますが、とにかく豊川は思い出深い土地です。

 鳥類調査を始めて本格的に任されたわけですが、精神的に参ってるときに未知の土地で、しかもハードな仕事をこなすのは、かなりキティなものがありましたが、ずっと続けているうちに豊川はお気に入りの土地になりました。

 一緒に仕事をした鳥類専門の外注さんに色々ノウハウを教えてもらい(鳥類の図鑑書いてる人もいました)、調査の知識と共に豊川での生活リズムも出来上がってきましたが、現場作業中に部長からかかってきた「来年Tくばに出向で行ってくれない?明日までに返事ちょうだい」という悪魔の電話(笑)で、仕事を後釜の人に全て丸投げすることになりました。

 Tくば生活はものすごく楽しかったけど、あのまま豊川の仕事を続けていたらどうなっていたかな~と、時々思うこともあります。



10.湖の環境調査@中海(島根県)
 出向から帰ってきて任せられた大きな仕事で、中海の生物環境や物理環境をモニタリングして、中海の自然が回復しているかどうかを判断する、というものでした。

 一人出張だったので、昼間は船で中海をあちこち調査して回り、夜の宿入り後は歩いて20分ぐらいの所にあるネカフェに通い詰め(笑)

 ネカフェのスタンプカードがあっという間に一杯になって、何度も3時間無料券をゲットしておりました。

 でも楽しいことばかりではありませんでした。

 仕事の契約内容の変更で、納期ギリギリに長期出張するハメになり、会社のボロいノートパソコンで思うようにソフトが動かず、「もう間に合わねぇよ~~><」と半べそをかきつつ報告書を作っていたのは、今ではいい思い出。

 同じホテルに泊まっていたどっかのガキどもが夜通し騒ぎまくって、朝までほとんど眠れなかったのもいい思い出です。



--------------------------------------


 という感じで、自分の会社生活を振り返ってみましたが、前にいた部署の方が結構インパクトが強い仕事が多かったかもしれませんねぇ。

 イカれた先輩たちに恵まれ、毎日しんどいながらも楽しく過ごしていたような気がします。



 というわけで、今までお世話になった皆様、今まで本当にありがとうございました。


 楽しい12年間を過ごさせていただいて、ワタクシは幸せ者でございます(笑)




 さて、明日はK先輩が送別会を開いてくださる予定。

 久々に極上ラヴィアンローズができそうです。





スポンサーサイト
2010/03/26(金) 19:09 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

えくぼん :

お疲れさまでした~。
私の4年もかなり濃い~思い出ばかりですが、
12年も働いてたら思い出もたくさんですね。
次の職場でも頑張ってください!

オッシー : お疲れ様です!

大人の階段、かなり登っていますね(笑)
濃い思い出がいっぱいですね!
12年働いた職場を去るのは寂しい感じがしますね。新しい職場でも、兄貴のキャラ全開で行ってくださいねv-222

おれさま :

>えくぼんさん
ありがとうございます^^

精神的ストレスの度合いから言えば、えくぼんさんの方がきつかったかもですね・・・

次の職場が決まったらソッコーでご一報を!


>オッシ-さん
「三つ子の魂百まで」ではありませんが、「最初の会社の魂定年まで」です(笑)

どこにいっても自分は自分、人に迷惑をかけない程度に今までどーりにやっていこうと思ってます。

それにしても、配属先が不明なので不安でいっぱいです・・・

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。