プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
先月、いつだったか、「次男がこの夏に誕生します」と書きました。


しかしながら、悲しいことに先週に中絶(人工流産)手術をしました。


理由は、検査で次男の心臓に致命的な障害が見つかったためです。


中絶ができるのは法律で21週までとされており、その最終週直前の精密検査で心臓に重大な障害があるとの告知を受けました(中絶を考慮しての検査らしい)。


最初にマイワイフから話を聞いた時は、「また騙そうとして…。はは、こやつめ!」と思いました。
けど、実際に医者から説明を受けて、事実を理解することができました。



胎児の障害の中でも、複雑な心臓のものは発生の確率が高いそうですが、次男のの場合は、色々複合的に絡んでかなり稀なものだったそうです。
産まれた直後から何回も手術をしていかないと、生きることができないと言われました。
それでも、うまくいったとして、健常者の6割程度にしか回復せず、当然、長男のように走り回ることは出来ないとのこと。



中絶できなくなる日までの僅かな時間の中で色々悩みましたが、最終的には中絶を選択しました。



選んだ理由はたくさんあるけど、一番は「このまま産まれてきても、誰も幸せになれない」ということ。

障害を知らずに産んだならまだしも、知ったうえで産むことはできませんでした。


こーゆー話をすると、必ず「赤ちゃんは産まれたかったはず」という意見が出ます。



でもね、放っておけば産まれた直後に死んでしまうような子を、全て承知で、ただ「可哀想」なんていう陳腐な感情で産むなんてできません。
マイワイフに言わせれば「死なせてやるのも親の責任」ということです。


とうわけで、産まれてすぐに死んだ次男を抱いてひとしきり泣いた後に、お別れをしました。



今はだいぶ落ち着いて、普通の生活を送っています。というか長男が相変わらず暴れ放題なので、悲しみにくれる暇がないのが正直なところ。

というわけで、元気にやっていますので、ご心配なく(笑)
スポンサーサイト
2011/04/19(火) 01:34 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

みるま :

とても悲しい選択でしたね。
でもお二人で決めたことならだれも何も言わないと思います。

長男君はそんな両親を気遣ってわざと大暴れしているのかも?w

おれさま :

>みるまさん

お心づかい39です\(^o^)/

暴れん坊の中にもかなり優しいトコロがある小僧なので、気を使ってくれてるのかな。
お礼に大好物のピノ(森永)でも買ってやります(笑)

ぺろりん :

本当に、本当に辛いご決断だったとおもいます。
心が張り裂けそうです。

これからもご家族で仲良く暮らしていくことが、次男さんも含めみんなの願いだと思います。

おれさま :

>ぺろりんさん

お心づかいありが10ございます。


次男には「これで終わりじゃないから。またどこかで会おう」と言っておきました。
なので、今度は元気に生まれて、我が家に意外と近いトコで見てくれているかもしれませんね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。