プロフィール

おれさま

Author:おれさま
広島カープとサンフレッチェ広島をこよなく愛しています。鶏の唐揚げが大好きです。

 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近のトラックバック
 
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
070708-2

070708-1

070708-3

070708-4


 日曜日はJリーグヤマザキナビスコ杯決勝トーナメントの広島-鹿島戦を見に行きました。
 最近非常に腹立たしい負け方が続いていた広島だったので、本当は見に行きたくなかったのですが、当日朝の中国新聞の記事を見て「今日は気合が入ってそうだ」と思ったので見に行くことにしました。
 以前も書きましたが、今のサンフレッチェ広島はとにかく気合が足らない。いつも同じ負け方を喫して同じ言い訳をする。「次の試合は修正して臨む」って修正しとらんやんけ!!と怒りたくなる日々でした。
 ところがこの日は新聞にあったように、本当に気合が入ってました。なんと、ほぼベストメンバーの鹿島に1-0で勝利!青山の守備から始まったカウンターは服部の見事なボレーで締め括られました。
 この試合は日本代表組の佐藤寿人と駒野、U20W杯に出てる柏木、平繁、槇野というレギュラー、準レギュラーが大量に抜けたため、なかなかチャンスが無かったメンツががむしゃらになった、ということがあったと思います。いかに気持ちが技術や体力を補うかがよくわかります。心技体とはよく言ったものです。

 最近よく思うのですが、野球やサッカーで負ける理由に「選手層が薄いから」を挙げるのは、全く理由になってないんじゃないかと。そりゃレギュラーメンバーがいなくなれば苦しいのは当然ですが、サッカーで言えば別に11人vs5人で試合をしてるわけじゃないし、そもそも選手層が「薄い」と名指しにされている控えの選手達は、自分は一体どんな存在だと思ってるんでしょうか。選手層が薄いと言われて気合が入らないようだったら、もうプレーする意味がないんじゃないでしょうか。
 そういう意味では、この試合のサンフレッチェは素晴らしい出来でした。観客に訴えるものがありました。次節のアウェーでの鹿島戦もレギュラーが大量にいないのですが、今回のような試合を期待しています。

 それはそうと、広島カープ。貧乏だからいい選手がとれなくて選手層が薄い、と何年聞かされてきたでしょうか。いい選手が取れないなら育てなきゃいけないわけで、それすらできてない。もう貧乏だから、ってのは言い訳になりませんよ。いっそ身売りしたほうがファンのためにもなるかもしれませんよ。


スポンサーサイト
2007/07/09(月) 20:28 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

KATA-NA :

1000HITとサンフレの勝利おめでとうございました。
それから、生粋のカープファンだからこそ言える気合の入った意見、なかなかよろしいかと思いますよ(^^)

俺様 :

>KATA-NAさん
ありがとうございます~
「猪木なら何をやっても許されるのか!」とは昔の前田日明の台詞ですが、「貧乏ならいくら弱くても許されるのか!」と言いたいところです。オフシーズンのFA戦線に全く絡もうとしないカープに嫌気刺しまくりデス><
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

おれさまのつぶやき
Twitterはじめました。
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。